リンゴダイエットの効果

リンゴダイエットの本来の目的は、体内の毒素を排出し、体質を改善することです。
中にはダイエット中に、頭痛が起きたり、肌に吹き出物ができたりする人もいます。これは、体質がよい方向に改善される際に起こる反応、つまり好転反応なのです。また、リンゴダイエット中は、腸を刺激し排便を促す塩分をとりません。もともと便秘しやすい人は、便通が悪くなることもあります。
こうした人は、ダイエットを行う前とダイエットの最中に、便通を促す効果のある、ハブ茶やドクダミ茶などを飲むといいでしょう。体内の毒素が便とともに排出され、すっきりするはずです。

リンゴダイエット中に起こる体調の変化は、体にたまった毒素が排出される際に起こるものです。こうして、毒素を少しでも排出しておけば、体調の変化も少なくてすみます。
リンゴダイエットをすると肌まできれいになる

リンゴダイエットには、腎臓の機能を正常にする効果があるのです。リンゴにはほとんど塩分が含まれていません。そのため、リンゴしか食べないリンゴダイエット中の三日間、腎臓は、体内にたまった余分な塩分を尿といっしょに、すっかり外に出すことができます。

腎臓を健康に働かせるには、体内の余分な塩分を外に排出する必要があるのです。
血液をろ過する装置である腎臓が、健康になると、血腋がきれいになります。そして、肌にも透明感が生まれてくるのです。

リンゴダイエットをしたあと、肌がすべすべ、つるつるになって、色白になったという喜びの声が多く聞かれます。それはリンゴダイエットで、腸壁についた便がとれるのに加えて、腎臓の働きが高まり、血液がきれいになるためです。

もちろん、肌が美しくなる以外にも、リンゴダイエットは、さまざまな効果を発揮します。

腎臓や膀胱、そして胃腸が悪いために引き起こされる、尿失禁や膀胱炎、顔色の悪さ、吹き出物などは、リンゴダイエットをすることで、症状を改善できるのです。
また、私の受講生で、サラリーマンの二十四歳の男性は、週に一回、日曜日だけのリンゴダイエットを一ヵ月続けた結果、腕に大きく広がっていたアトピー性皮膚炎が、すっかり軽快しました。このようにリンゴダイエットは、美容や病気治療にも効果が大きいのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*