リンゴダイエットの方法

リンゴダイエットを続ける期間は、三日間だけです。この間は、おなかがすいたら、リンゴを好きなだけ食べてください。それ以外の食へ物は、いっさい口にしてはいけません。もし、三日も続ける自信がない、忙しくてできないなどという揚合は、一日でも二日でもけっこうです。やれはやっただけの効果があります。
リンゴはなるべく有機栽培で低農薬のものが好ましいでしょう。

それが手に入らなければ、普通のものでかまいません。その際、農薬が残留している可能性が高い皮や、へたの部分は取り除いてください。そして、できるだけ新鮮なリンゴを会べるようにします。

三日間リンゴだけ食べるわけですが、のどが渇いたら、水やお茶は自由に飲んでください。ただ、この間は胃腸が敏感になっているので、カフェインを含んだ飲み物は避けたほうが無難です。ムギ茶、ハトムギ茶、ドクダミ茶などのほかに、サフラワーティー、カモミールティーなどのハーブティー(香りのいい薬草茶)も、胃腸を保護する働きがあるのでお勧めです。
基本的には、リンゴの皮をむいて、適当な大きさに切り、生のまま食べます。まれに、胃腸の弱い人が生のまま食べると刺激がきつすぎて、おなかが痛くなることがあります。その場合は、リンゴをすりおろしたり、ジュースにしたりしてとりましょう。
しかし、市販のリンゴジュースは、ビタミンや酵素(体の化学反応を促す物質)が減少していたり、添加物が入っていたりするので、肯勧めできません。なるべく、自分で手作りをしてジュースを飲むようにしてください

また、体質が虚弱で、冷え症の人は、焼きリンゴにして食べるといいでしょう。作り方は、リンゴの皮をむいて四等分ぐらいに切り、それをアルミホイルに包んで、オーブンやオーブントースターで焼くだけです。焼きイモの要領で、やわらかくなったら出来上がりです。
さらに、体が虚弱な人や、耘年寄り、子どもの揚合、リンゴのクズ湯が最適です。
作り方は・まずりんごを擦ってリンゴジュースにします。それを鍋に入れて温め、クズを加えてとろみをつけるのです。リンゴ一個に対して、クズ大さじ一杯の割合を目安に、好みの濃さのクズ湯を作ってください。これは体が大変温まり、どんな体質の人でも問題ありません。

このように、リンゴは生で食べるほか、ちょっと手を加えれば、胃腸が弱い人などでも、このダイエットがらくにできます。また、胃腸が丈夫な人でも、そのような食ぺ方の工夫で、三日問リンゴが飽きずに食べられます。
リンゴダイエットを始めて三日目の夜、さらに排せつ力を高めるために、オリーブ油を大さじ一ー二杯飲むと効果的です。
オリーブ油は、腸の糊瞬を活性化し、体にたまった毒素の排せつを促します。このオリーブ油も、必ず食用のもので、できれば自然会の店で手に入るような、手搾りのオイルが理想的です。油だけでは飲みにくければ、白湯といっしょに飲むと、うまくのどをとおります。
便租が非常にひどい、あるいは完壁な効果をねらう場合は、コロニック(陽の中を洗う方法)という方法もあります。ただし、コロニックには専用の器具が必要です

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*